HOME | 311

311
Copyright © SHINJI IWAI. All Right Reserved.

東日本大震災ののち提案した構想です。
震災後、仮設住宅建設の遅れがたびたびニュースとなっていました。
さまざまに複合的な要因があったとはいえ、
仮設住宅建設の映像はいわゆる在来(従来の)工法を用いて「家」
を建てるもので、非常時にありながら地権者の許可やインフラ整備など
平時の基準が適用されるものでした。
それが大きな足かせになった面があります。
 
改善策として、国土の余地に緊急避難生活ができるトレーラーハウスを
たくさん常備する方法が考えられます。体育館や公民館に避難した人々
のもとへ近隣地からこのトレーラーハウスが駆けつければ、短期のプライ
ベート生活は確保されます。トレーラーハウスは、移動可能であるため、
現行の建築法規にも抵触しません。道路が寸断されれば集められないケー
スも想定されますが、そうであっても在来工法で建設する仮設住宅より
迅速に対処できます。4人が寝られるサイズ。体育館や公民館の生活と、
正規の仮設住宅完成までの時間を橋渡しできます。
日常(平時)はオフィス、子供部屋、趣味室、ミニ集会所、プレイルーム、
倉庫などに使用可能。
1台200万円のものも、大量生産によって価格も下げられましょう。
賛同者、支援者とともにプロトタイプを作りたいと考えます。